Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

【3/6(金)】マシュー・バーニー最新フィルム『リダウト』東京上映

イベントを探す

このイベントは中止されました

イベント中止に関する問い合わせ

トモ・スズキ・ジャパン有限会社


【3/6(金)】マシュー・バーニー最新フィルム『リダウト』東京上映

  • 【3/6(金)】マシュー・バーニー最新フィルム『リダウト』東京上映

    【3/6(金)】マシュー・バーニー最新フィルム『リダウト』東京上映

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2020/3/6(金)

開場日時 14:20  開演日時 14:30 

会 場

販売元

36日(金) DCP上映

 

14:3016:44  『リダウト』134分)各回入替制

18:3020:44  『リダウト』134分)各回入替制

 

1枚のチケットで鑑賞できるのは、1作品のみです

2作品を観るには、2枚のチケットが必要です。

 

2/29(土)『クレマスター』全5部作(通し券

https://t.livepocket.jp/e/cremaster0229

3/1(日)『クレマスター』全5部作(通し券)

https://t.livepocket.jp/e/cremaster0301

3/3(火)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0303

3/4(水)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0304

3/5(木)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0305

3/6(金)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0306

3/7(土)『クレマスター』4作、『拘束のドローイング9』(単券)

https://t.livepocket.jp/e/cremaster0307

3/8(日)『拘束のドローイング9』トーク付、『クレマスター3』(単券)

https://t.livepocket.jp/e/dr9march8

3/10(火)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0310

3/11(水)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0311

3/12(木)『リダウト』(単券):

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0312

3/13(金)『拘束のドローイング9』(単券)

https://t.livepocket.jp/e/dr9march13

3/15(日)『リダウト』(単券)

https://t.livepocket.jp/e/redoubt0315

 

【緊急決定】マシュー・バーニー『リダウト』プラス

米国の美術家、マシュー・バーニー。

 

彼は少年時代をアイダホ州で過ごしている。ロッキー山脈が「天然の要塞(ようさい)」となり独特な文化を持つ、と作家本人が言うアイダホ。

 

その雪山を舞台に、自然と人間、動物の関係を描いたのが、最新フィルム『リダウト』(2018)である。タイトルの「リダウト(REDOUBT)」とは、英語で「要塞(ようさい)」という意味。

そんなフィルム作品『リダウト』は、全国順次公開中。この度、特別に東京都写真美術館ホールでの緊急上映が決定した。4Kの映像と7.1chのサウンドでの再映となる。

 

あわせて、マシュー・バーニーの伝説的フィルム作品『クレマスター』サイクル全5部作(1994-2002)、ビョークと協働したフィルム『拘束のドローイング9』(2005)を35mmフィルムで上映する。

 

マシュー・バーニー新作フィルム『リダウト』(2018

原題:REDOUBT
2018
年/アメリカ/13403秒/4K DCP7.1chサラウンド/台詞なし

​​

制作・脚本・監督:マシュー・バーニー

音楽:ジョナサン・べプラー

撮影監督:ペーター・シュトリートマン

編集:キャサリン・マケリー

製作:マシュー・バーニー、セイディ・コールズ、バーバラ・グラッドストーン

プロデューサー:マイク・べロン

照明:クリス・ウィジェット

振付:エレノア・バウアー

プロダクション・デザイン:Kanoa Baysa

アートディレクター:Jade Archuleta-Gans

 

出演:

アネット・ワクター(ディアナ役):ライフル射撃米国代表選手

エレノア・バウアー(コーリング・ヴァージン役):振付師・ダンサー

ローラ・ストークス(トラッキング・ヴァージン役):ダンサー・アーティスト・コントーショニスト(曲芸師)

K.J.ホームズ(電気めっき師役):ダンスアーティスト・歌手・詩人・女優

マシュー・バーニー(銅板彫刻師役)

サンドラ・ラムッシュ(フープパフォーマー役):ネイティブアメリカン・フープダンスのパフォーマー

配給:トモ・スズキ・ジャパン

後援:アメリカ大使館

協力:Matthew BarneyGladstone Gallery New York and BrusselsAngie Naoko

舞台はアイダホ州ソートゥース山脈。全体は6つのパートでなり、6昼夜を描く。そして、登場人物は6名。

 

そんな『リダウト』は、ギリシャ神話「ディアナとアクタイオン」を下敷きにしている。

神話によると、ディアナは狩猟の女神。貞節の女神とも解釈される。その女神が森の中で水浴しているところに、猟師のアクタイオンが迷い込んでしまう。恥ずかしさで顔を赤らめるディアナ、その裸体を隠そうとするニンフ(妖精)たち。しかし、ハンターのアクタイオンは、女神の裸を見てしまうのだ。

 

すると、彼の頭から角が生え、鹿の姿に変貌。かつて鹿狩りの名手として、猟犬に鹿を追わせてきたアクタイオンだが、今度は自分が鹿となり、猟犬に追われる立場になる。

 

そんな神話をそのまま描かず、自作の中に取り込んだ『リダウト』は、台詞は一切なく、ダンスや身体を用いたコミュニケーションを図っている。

 

マシュー・バーニー本人も出演。雪山でスケッチをするがごとく、銅板にエッチングする様子が、身体に負荷をかけて作品制作に挑む《拘束のドローイング》シリーズにも通じるか?彫刻やインスタレーションで発表した電気めっきを施すシリーズの制作ドキュメントとも読み取れよう。

 

写真:Matthew Barney, Redoubt, 2018. Production still. © Matthew Barney,
courtesy Gladstone Gallery, New York and Brussels, and Sadie Coles HQ, London. Photo: Hugo Glendinning

 

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2020/2/24(月) 10:00 〜 2020/3/5(木) 23:59

販売終了

全席指定席券 14:30〜

料  金

¥1,600

購入枚数

3/6(金)14:30〜『リダウト』のみ有効

販売終了

全席指定席券 18:30〜

料  金

¥1,600

購入枚数

3/6(金)18:30〜『リダウト』のみ有効

入場方法(QRコードチケット)
・QRコードチケットは1人1枚必要です、事前にご用意ください
・QRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください

お問い合わせ

CONTACT

トモ・スズキ・ジャパン有限会社

Webフォームでお問い合わせ

トモ・スズキ・ジャパン有限会社
mail@tomosuzuki.com

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録