Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

~NYダウ史上初3万ドル大台はバブルか否か?内外株式市場の今後1年を景気循環論で読み解く

イベントを探す

~NYダウ史上初3万ドル大台はバブルか否か?内外株式市場の今後1年を景気循環論で読み解く

  • ~NYダウ史上初3万ドル大台はバブルか否か?内外株式市場の今後1年を景気循環論で読み解く

    ~NYダウ史上初3万ドル大台はバブルか否か?内外株式市場の今後1年を景気循環論で読み解く

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2021/1/16(土)

開演日時 13:00 

会 場

販売元

NYダウ史上最高値3万ドル乗せ、日経平均は史上最高値の7割弱のレベル、さあ、どうするか?!
 
2018年10月の景気の「山」を迎える前から、現金ポジションを高めておこうと一貫して呼びかけてきました。
それは、2020年前半に既につけた可能性が高い景気の「谷」を迎えるためでした。
バブル懸念と向き合いながら、景気の「谷」をつけたであろう2020年相場、そして2021年相場にむけてどう向き合ってゆくのかセミナーを開催します。
 
山崎和邦プロフィール
1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年、同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院教授、同大学名誉教授。大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴51年、前半は野村証券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)等。 
 
セミナー開催告知動画 ⇒ 再生はコチラ
*動画では、開催日時を1月13日と間違っております、正しくは「16日(土)」となります。
 
セミナー内容
「景気変動は成長と結びついて循環する」(命題1)とする。
「株価変動は景気循環に先行する」(命題2)とする。
景気循環の基本経路を知り、(命題2)の含意を弁えれば、大底圏内と大天井圏内は読めるものである。
 
 
○大底を示現して次なる大相場を作出するものは常に政策発動と市場独自の力の
合作である。
○2021年の相場動向を景気循環論から解く。
○大底圏の付け方にもいろいろある。
○景気循環は何年くらいのスパンで動くのか(景気循環の基本)
○暴落時の心得。
○相場の大底圏内の見分け方
○大きな相場のうねりはどこでやってくるのか?今がそれか?
 
・Chapter-1: 基調講演(13:00-13:30)
「景気循環」の基本経路と相場循環を知る
 
・Chapter-2: 事前ご質問・ご意見(13:30-14:30)
「読者諸賢と私の成功例・失敗例から学ぶ」、その上で次の「壮年期相場」に向けての準備をする
 
・Chapter-3: 2021年相場の見通し(14:30-15:30)
「バブル懸念」と向き合いながら、どう2021年相場へ対応するか、その心構え
 
・Chapter-4: 大通り銘柄の大勢下限を狙う!(15:30-16:00)
(Chapter-4解説者:石原健一・元 大和証券投資情報部テクニカルアナリスト)
 
 
-大勢下限銘柄で大きく儲けるコツ10か条<-
・天下の大勢から目をそらさない
(日経新聞とテレビのニュースだけで十分である)
 
・今の政治、経済の台風の眼は何かを「自分で」決めて、そこへ入っていく
(これも日経新聞にざっと目を通し、テレビのニュースを見るだけで足りる)
 
・「野も山もみな一面に弱気」かどうか見きわめ、
「万人が悲嘆の中」かどうか見きわめる
 
・『会社四季報』で1株当たり純資産(または1株当たり株主資本)を見て、株価がそれと同じかそれ以下なら
「この企業が破綻しても自分には損のない分け前がある」ことを自覚し、恐怖を乗り越える
 
・少しずつ買って自分の怖さに慣らしていく
 
・買ったら、その後は、感情を勘定(理性)でセーブする
 
・人に話さない。話すと自分流がゆらぐから。「儲けるものは語らず、語るものは儲けず」だ(ウォール街の格言)
 
・怖い思いもし、いやな気持を抑えたのだから、
その精神労働の報酬はいくらかを自分で決めておき、
予定の値段が来たら、欲ばらずに売却する。臆病な人は小出しに売っていく
 
・「大欲は家職をほろぼす」という教えが表紙に書いてある「近江商人大福帳」が、彦根市の近江商人博物館で売られている。
ユダヤの格言にもある。「An avarice shall lose one s trade」と英訳されている。
和洋両方を、これを声にだしていいながら、売り注文を発注する。
自分の欲を抑える呪文である。
 
・売り切った後、今後の勉強のために値段の動きをときどき見る。売ってから何倍にもなることが多いが、悔しがらない。
 
・オンライン質疑応答(16:00~17:00)
オンラインでの質疑応答
 
 
開催日時
2021年1月16日(土)13:00~16:00
*セミナー本編終了後、「オンライン質疑応答」16:00~17:00
 
Webセミナー注意事項
ご入力いただいたアドレス宛にWebセミナーの視聴用URL・資料を開催前日までにお送りいたします。
セミナーは「viemo」を使用します。
お使いの端末や通信ネットワークの環境によっては正常にWebセミナーを視聴できない場合がありますのであらかじめご了承ください。
 
お申し込み
Webセミナー参加費 15,000円(税込)
 
 ※銀行振込みの申込み受付は締め切りました
お振込みをご希望の方は下記のメールアドレスからお申し込みください。
件名を「1月16日山崎和邦セミナー参加申込」として、
お名前(フリガナ)・電話番号 をお送り下さい。
折り返し、参加料金振込口座をお知らせいたします。
 
【 お申し込み先 】 m-unit@mag2.com
 
※メールをいただいただけではお申込扱いとなりません。
※まぐまぐでのお振込確認をもって、お申込受付となります
※なお、お申込みに際していただいた個人情報については、まぐまぐのイベントの連絡・告知についてのみ利用させていただきます。まぐまぐのプライバシーポリシーについては下記のリンクをご覧ください。
 
 
上記メールアドレスへの送信をもって、まぐまぐのプライバシーポリシーにご承諾いただいたこととさせていただきます。

先着特典
先着50名様は、後日山崎先生と20分直接電話できます
 ※先着特典は締め切りました

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2020/12/4(金) 19:15 〜 2021/1/15(金) 23:59

販売終了

山崎和邦セミナーチケット

料  金

¥15,000

購入枚数

会員登録が必要です

入場方法
・QRコードチケットが発行されます
・QRコードチケットは1人1枚必要です

お問い合わせ

CONTACT

株式会社まぐまぐ

Webフォームでお問い合わせ

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録