Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

一龍斎春水が未来につなぐ「金子みすゞ伝」

イベントを探す

一龍斎春水が未来につなぐ「金子みすゞ伝」

  • 一龍斎春水が未来につなぐ「金子みすゞ伝」

    一龍斎春水が未来につなぐ「金子みすゞ伝」

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2023/6/20(火)

開場日時 18:30  開演日時 19:00 

会 場

販売元

その他

分配不可のチケットがあります

 
「私と小鳥と鈴と」「こだまでしょうか」「星とたんぽぽ」̶̶童謡詩人金子みすゞの作品は、子どもから大人まで、たくさんの人に知られています。しかし、約40年前までは、ほとんど知られることのない存在でした。
1982年6月20日、矢崎節夫は16年におよぶ金子みすゞを探す旅の末、実弟上山雅輔から、3冊の遺稿手帳を受けとり、1984年『金子みすゞ全集』(JULA出版局)として出版しました。みすゞの甦りと広がりはここから始まったのです。
一龍斎春水は、みすゞの童謡や矢崎の書いたみすゞの評伝に感動し、2007年より、自身の手による新作講談「金子みすゞ伝」を読みつづけています。
この講談を、そしてみすゞさんの精神を、未来に手渡していきたい――金子みすゞ生誕120年の今年、春水は思い立ちました。手帳が託された6月20日に毎年「金子みすゞ伝」を読み、みすゞさんを語る仲間を増やしていこう。
みすゞを未来につなぐ、一龍斎春水の10年の旅が、今はじまります。

〈出演者プロフィール〉
一龍斎春水●いちりゅうさい・はるみ
北海道生まれ、神奈川県藤沢市出身。声優・麻上洋子として、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」森雪役、「銀河鉄道999」ガラスのクレア役などで知られるほか、海外作品の吹き替えやナレーションなどで活躍。1992年、講談師六代目一龍斎貞水に入門、2004年真打昇進。2012年からは、声優としての芸名「麻上洋子」を「一龍斎春水」に改名した。古典作品に加え、「金子みすゞ」「中村久子」「樋口一葉」など女性の一生を新作講談として意欲的に創作、口演している。
 
矢崎節夫●やざき・せつお
1947年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。佐藤義美、まど・みちおに師事し、童謡・童話の世界で活躍。1982年、童話集『ほしとそらのしたで』(フレーベル館)で第12回赤い鳥文学賞を受賞する。また、童謡詩人金子みすゞの埋もれていた遺稿を見つけだし『金子みすゞ全集』(JULA出版局)として出版、以後その作品を世に伝える。1993年には『童謡詩人金子みすゞの生涯』(JULA出版局)を上梓、知られていなかったみすゞの全容を明らかにした。2003年より「金子みすゞ記念館」館長。

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2023/4/7(金) 10:54 〜 2023/6/20(火) 12:00

販売終了 チケット分配不可

全席指定席券/20230620

料  金

¥3,000

購入枚数

会員登録が必要です

入場方法
・QRコードチケットが発行されます
・QRコードチケットは1人1枚必要です

お問い合わせ

CONTACT

金子みすゞ甦りの伝承実行委員会

Webフォームでお問い合わせ

関連イベント

RELATED EVENTS

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録