Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

8月15日(土)開催 日本橋『裏路地』さんぽ 〜100年老舗めぐり〜

イベントを探す

8月15日(土)開催 日本橋『裏路地』さんぽ 〜100年老舗めぐり〜

  • 8月15日(土)開催 日本橋『裏路地』さんぽ 〜100年老舗めぐり〜

    8月15日(土)開催 日本橋『裏路地』さんぽ 〜100年老舗めぐり〜

イベント概要

INFORMATION

日 程

2020/8/15(土)

開演日時 08:00 

会 場

販売元


▼▼
日本橋『裏路地』さんぽ 〜100年老舗めぐり〜 ▼▼

【開催日】8月15日(

【時間】8:00~10:00(予定) ※集合8:00

【コース】日本橋コース

【集合】東京メトロ日本橋駅 日本橋高島屋正面玄関前(地上)

【解散】千疋屋本店前周辺
【参加費】1名 3,190円 ※税込み・小人同額、

※イベント終了後の朝食会は参加自由です。

朝食会の会場は千疋屋カフェディフェスタを予定しておりますが、変更となる場合もございます

※参加費に朝食代は含まれておりません。各自のご精算となります。

【募集人数】12名 *定員になり次第締切ます
【参加費支払】クレジットカードでの事前決済(VISA・MASTER・JCB)

諸注意】

・本企画は現地集合、現地解散となり、交通費は各自負担となります

・解散時間は若干遅れる場合がございます

・雨天決行(ただし荒天の場合中止)※中止の場合、参加費は返金されます。
・本企画にはガイド1名が同行します。
・お子様のご参加は少学生以上とさせて頂きます。

日本橋『裏路地』さんぽ】主な見どころ
日本橋長門享保年間(1716~1735年)創業の和菓子店・長門(ながと)。江戸時代、徳川家に菓子を献上していた老舗。徳川将軍家から双葉葵の紋の使用が許されました。

【割烹嶋村】1850年(嘉永3年)、日本橋檜物町で仕出し店として創業した「嶋村」。場所柄、 武家屋敷や大店に料理の味が認められ、「上がりの八百善、仕出しの嶋村」と呼ばれる人気店となり、やがて江戸城西ノ丸の御用仕出しを務めることになりました。

 【榛原・はいばら】創業は1806年(文化三年)。初代佐助が和紙舗を開業。榛原の良質な雁皮(がんぴ)紙は「一筆墨をのせると、滑らかな筆あたりで、文字がきれいに書ける」と、粋を好む江戸の人々の間で大変な評判となりました。

 【大和屋】1867年(慶応3年)創業厳選した最高品質の一本釣り鰹節本枯節にこだわり長年 東京日本橋にて商売を続けてきました。

 【神茂】1688年(元禄元年)創業。始祖は神崎屋長次郎と言い、関西より出て、現在地の日本橋に店を開いたのが始まりです。鮫のヒレは幕府の重要な輸出品で、 そのヒレを取った残りの鮫を利用して、半ぺんを造り始めました。
【海老屋美術店】1673年(延宝元年)創業。京都で、御所の御用職に携わっていました。明治維新の際に、現在の地日本橋室町に拠点を移転しました。
【千疋屋総本店】
1834年(天保5年)創業。江戸・葺屋町(現日本橋人形町)に、季節の果物、野菜の店を構えました。1864年(元治元年)に徳川家御用商人になり、高級品路線に代えて、商売が繁盛しました。
*30店舗以上の老舗を紹介します。

【主催】大江戸歴史散策研究会

【歴史ガイド】瓜生(ウリウ)

【電話】090-2566-1948
【mail】uryu1023@gmail.com

チケット販売情報

BUY TICKET

日本橋『裏路地』さんぽ(8月15日(土)開催)

受付日時

2020/6/30(火) 16:05 〜 2020/8/15(土) 08:00

販売終了

日本橋『裏路地』さんぽ(8月15日(土)開催)

料  金

¥3,190

購入枚数
入場方法
・QRコードチケットが発行されます
・QRコードチケットは1人1枚必要です

お問い合わせ

CONTACT

大江戸歴史散策研究会

メールでお問い合わせ

関連イベント

RELATED EVENTS

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録