Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

北夙川不可止プロデュース サロン・ドゥ・螺 古楽シリーズvol.42(夜の部)

イベントを探す

北夙川不可止プロデュース サロン・ドゥ・螺 古楽シリーズvol.42(夜の部)

  • 北夙川不可止プロデュース サロン・ドゥ・螺 古楽シリーズvol.42(夜の部)

    北夙川不可止プロデュース サロン・ドゥ・螺 古楽シリーズvol.42(夜の部)

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2018/12/16(日)

開演日時 18:00  終演日時 19:30

会 場

サロン・ドゥ・螺 (大阪府)

大阪府〒541-0047大阪市中央区淡路町2丁目5番8号

会場Map・アクセス方法はこちら

販売元

ドイツを拠点に世界的に活躍するリュート奏者蓮見岳人さん。サロン・ドゥ・螺の古楽シリーズにお迎えするのも三回目になります。
前日のワークショップと合わせて聴いて頂くと、更に曲の理解も深まると思います。1925年に建てられた船場ビルディングに響く古楽、是非ご堪能ください。
 
【北夙川不可止プロデュース サロン・ドゥ・螺 古楽シリーズvol.42 蓮見岳人リュートリサイタル】
12月16日
昼の部15時
夜の部18時
出演:蓮見岳人(ガット絃使用)
3000円
 
ルネ・メザンジョ (1657-1638)
リュート曲集 ト長調
おなじくト短調
 
ニコラ・ブヴィエ (17世紀前半 生没年不詳)
リュート曲集 ニ短調
 
フランソワ・デュフォー (1604頃ー1672頃)
リュート曲集イ短調
 
 
蓮見さんよりのメッセージ
最初の三組曲は全て調弦がちがいます。また、レトリックを編み込んだ好例なので、最初の曲は「王宮の日課」次は「キリストの受難」、三つ目は「カリストとジュピターのお話し」(あるいは「大熊座はなぜ空から降りてこれないのか」)という手短な語りを加えられる仕組みになっています。そのあとはバロック調弦とリュートでは呼ばれる標準化したニ短調調弦で、これは普通の演奏会形式にします。前半はどんどん調律を変えるので、ある程度弦が落ち着く時間が必要なせいもありますが、前回もワークショップで強調しましたように、音楽には具体性があるのだというメッセージをお伝えしたいのです。
 

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2018/11/9(金) 17:29 〜 2018/12/16(日) 18:00

20席しかない、本当に小さなサロンです。自由席なので、お早めにお越しください。開場は開演30分前です。

販売終了

前売り券

料  金

¥3,000

購入枚数
入場方法(QRコードチケット)
・QRコードチケットは1人1枚必要です、事前にご用意ください
・QRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください

お問い合わせ

CONTACT

サロン・ドゥ・螺

メールでお問い合わせ

20席しかない小さなサロンです。自由席なので早めにお越しください。

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録