Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

Sustain-Release presents "S-R in Osaka"

イベントを探す

Sustain-Release presents "S-R in Osaka"

  • Sustain-Release presents "S-R in Osaka"

    Sustain-Release presents "S-R in Osaka"

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2023/6/23(金)

開演日時 22:00 

会 場

CIRCUS OSAKA (大阪府)

大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目8-16

会場Map・アクセス方法はこちら

販売元

その他

分配不可のチケットがあります

DOOR ¥3,000 / W/F ¥2,500 / UNDER 23 ¥2,500 / BEFORE 24 ¥2,500 

 

LINE-UP:

Aurora Halal (NY)

DJ Python (NY)

Nick León (MIA)

Kotsu

現行NYブルックリンで最前線のレイヴパーティー「Sustain-Release」のサテライトイベントが

S-R Tokyo 3.0」として新天地WWWを筆頭に、シリーズとしてSUPER DOMMUNE、SPREAD、CIRCUS OSAKA、ENTER、翠月にカムバック!!

 

New York’s premier festival Sustain-Release returns to Tokyo as S-R Tokyo 3.0, taking over WWW for its main event  with extra parties at SUPER DOMMUNE, SPREAD, CIRCUS OSAKA, ENTER and MITSUKI!

 

 前回まで開催してきた会場であるCONTACT TOKYO閉店後、今回の「S-R Tokyo」は、6月24日土曜日、いまを発信し続ける渋谷WWWを筆頭に、イベントシリーズをシーンの重要ベニューであるSUPER DOMMUNESPREADCIRCUS OSAKAENTER翠月にて開催する。

NYでは今年で9年目になるSustain-Releaseだが常に新しいアーティストをブッキングし、毎回更新し続けるマインドと東京で新しさを発信し続けるWWWの表現の場が初めて混ざわる。そして6月23日金曜日には初となる大阪、CIRCUS OSAKAでの開催も決定した。

2023年パンデミックを通り越し始め、様々なことがさらなるスピードで行き交う時代、超効率化されていく文明で、アートと音楽の存在意義は表現手段として新たな次元へ進行し続けている。

この2年の反動でより多くの人が世界中を行き来しようとしているように感じるが、コミュニティー同士の真の交流というものは簡単なものではないからこそ、体験する価値のあるものと信じている。

そして、第3回目となる今回はよりローカルの交流を目指し、コミュニティの中でも新しいアーティストがより活躍する場で繰り広げられる。

否が応でも年々と変動する為替や経済状況、世界情勢が隣り合わせるが、この特別な企画、S-Rクルーにとって愛する日本との貴重なコラボレーションを現場で体感してほしい。

 

 With the closing of former venue CONTACT TOKYO, this year’s S-R Tokyo turns to cultural epicenter WWW for its main event on June 24th. But the party doesn’t just end there—the event series will continue at key venues underpinning the scene: SUPER DOMMUNE, SPREAD, CIRCUS OSAKA, ENTER and MITSUKI.  
 Constantly evolving through their bookings of fresh global talent, Sustain-Release celebrates its 9th anniversary in New York this year, and it will be the first time it joins forces with WWW, Tokyo’s hub for cutting-edge culture. On June 23rd, the event will also make its debut in the Kansai area at CIRCUS OSAKA.  
 The pandemic is almost fully behind us now in the year 2023, and society is moving forward at super-speed. Art and music as forms of expression are entering a new threshold, finding renewed purpose in our changing times.  
 The easing of pandemic restrictions have led to a surge of activity between scenes across the globe, highlighting the importance of experiencing culture in person. Building true synergy between communities is hard to achieve, but we believe that’s exactly what makes it worthwhile.
 S-R Tokyo will dig deeper into the local scene for its third edition, taking over spaces that have served as a platform for up-and-coming artists.  
 The economy and political climate continue to shift seemingly by the day, but this event will be a celebration of the one constant source of joy for us all: music. We can’t wait for you to experience this rare collaboration of two special creative communities.


 この不安定な世の中で、NYと東京、2つの都市を結ぶアンダーグラウンド・シーンのつながりを重視し、東京でいま新たなダンスパーティーを体験できるエクスチェンジ企画!

2014年にスタートした「Sustain-Release(サステイン・リリース)」は、NYCの北部アップステートのキャンプ場を舞台に、ブルックリンのローカルDJがラインナップされたNYで唯一無二のレイヴパーティー。毎年、ゲストにはインターナショナルに活躍するDVS1、DJ Stingrey、DJ Sprinkles、Lena Willikens、Kassem Mosse、Legowelt、Josey Rebelle、Courtesy、Batu、Jane Fitz、CCL、Eris Drew & Octo Octa、Avalon Emerson、Shanti Celeste、AceMoma、Tim Reaper、Special Request、Roza Terenzi、Sleep D、Juliana Huxtable、DJ Fart in the clubなどのアーティスト、日本勢にはDJ Nobu、Wata Igarashi、Powder、Chris SSGなどのアーティストを「Sustain-Release」ならではの審美眼でセレクトしてきた。オーガナイザーは、ブルックリンを拠点に世界で活躍するDJ/プロデューサーのAurora Halal。今年で9年目を迎える「Sustain-Release」は、RA「月間 Festivals TOP10」で4年連続1位を獲得するほど高く評価されている。さらに、暴力や差別、不快な行為を一切禁止し、オーディエンスとともに作り上げるセーフティな空間も人気の理由なのだろう。その環境を守るがゆえに、パーティへの参加は完全招待制、チケットは1000人限定という制限を設けながらも発売と同時に秒殺でソールドアウトする、スペシャルなレイヴができあがった。

 

Launched in 2014 and held every year at an upstate camping site in the woods, Sustain-Release is New York’s superlative festival organized by Brooklyn-based DJ and producer Aurora Halal. In addition to Brooklyn DJs injecting local flavor, their on-point curation has included international guests like DVS1, DJ Stingray, DJ Sprinkles, Lena Willikens, Kassem Mosse, Legowelt, Josey Rebelle, Courtesy, Batu and Jane Fitz, CCL, Eris Drew & Octo Octa, Avalon Emerson, Shanti Celeste, AceMoma, Tim Reaper, Special Request, Roza Terenzi, Sleep D, Juliana Huxtable, DJ Fart In The Club, as well as Japanese artists such as DJ Nobu, Wata Igarashi, Powder and Chris SSG. Celebrating its 9th anniversary this year, Sustain-Release has been ranked the best festival of the month by Resident Advisor for four years in a row. The festival’s strict policy rejecting all forms of violence and discrimination is also part of the reason for their success. In order to protect this safe environment, the festival is invite-only and is capped at 1,000 tickets, which all sell out in seconds. 

Aurora Halal.jpg

Aurora Halal [NY]

DJ/プロデューサー/ビデオアーティストであり、ブルックリンのイベント「Mutural Dreaming」と野外フェス「Sustain-Release」をオーガナイズするクリエーターでもある。ハードウェア中心のライブセットとDJセットはサイケデリックでパワフルなダンスフロア仕様でありながら、エモショーナルでヒプノティック、かつ遊び心に溢れるタッチが特徴。どんなプロジェクトに置いてもダンス・ミュージックを様々な変化に繋がるツールとして捉え、2010年から主催してきたイベントでは、アンダーグラウンドやDIYシーンに根付いた、前衛的なサウンドやアイディアを表立って掲げている。ニューヨークのクラブNowadaysではレジデントを務め、BerghainやDe Schoolなどのクラブでもレギュラーとしてプレイし、ここ10年は各国のライク・マインドなクラブやレイヴ、フェスなどに出演している。


https://soundcloud.com/itsallhalal
https://www.youtube.com/watch?v=uE-U4AfdpN8

DJ Python.jpg

DJ Python [NY]

2016年よりニューヨークを中心に活動を続けてきた Brian Piñeyro こと DJ Python。DJ Python および DJ Wey 名義での多岐にわたるプロダクションは、その独創的なスタイルから世界の注目を浴びてきた。ムーディーなローファイ・ハウスやテクノ、アンビエント、またはブレイクビートであれ、リリースは一つ残らず極上だ。世界トップクラスのクラブやフェスに引っ張りだこの DJ Python は、これからもシーンの主要人物であり続けるだろう。


https://soundcloud.com/worldwideunlimited
https://www.youtube.com/watch?v=5NBNUYUIBB0

 

Nick León.jpg

Nick León [MIA]

Nick León のディストピアンなクラブミュージックは、フロリダの多様なコミュニティーを反映しつつ、新たな領域を常に模索している。少年時代にラップと出会い、南フロリダのアンダーグラウンド・ラップ界の最重要ラッパーたちとのコラボレーションを経て、いち早くプエルトリコやコロンビア発のラテン・サウンドを取り入れてきた。マイアミを拠点とする独学プロデューサー兼DJとして独自のサウンドを求め、新たな質感やメロディーを模索し始めた。メキシコの NAAFI よりリリースした『Aguacero EP』は、気候変動によって変わりゆくマイアミに対する不安感をダンサブルな形で表したものだ。最近では、TraTraTrax より DJ Babatr と共にリリースした待望の『Xtasis EP』、そして Doctor Jeep と Pearson Sound のリミックスも話題を呼んだ。Rosalía のヒットアルバム『MOTOMAMI』のプロダクションにも携わり、2022年を物凄い勢いでスタートした。マイアミの名門フェス III Points への出演、映画サントラ製作、そして有名アーティストのプロダクションなどを控え、Nick León の勢いは止まる所を知らない。

 

https://soundcloud.com/nickleon
https://www.youtube.com/watch?v=34pN-sdKttU

Kotsu (CYK|UNTITLED)

 

1995年千葉県市川市生まれ。

'16年に結成したハウス・ミュージック・コレクティブ『CYK』のメンバーであり、ソロにおいても国内外で多くのギグを重ねている。'20年9月に京都へ拠点を移して以降も活動ペースは変わらず、23年2月までに国内28都市でプレイする。自身のパーティー『UNTITLED』においても東京・京都・大阪で開催し、岡山、広島においてもレジデントパーティーを持つなどダンスミュージック及びクラビングにおけるピュア・エナジーを全国規模で放出し続けている。DJにおいては10年代以降のダンスミュージックを参照点に過去アーカイブを織り交ぜながらボーダーレスに展開する。社会的なムードやフロアのグルーヴに応じた独自のセレクションには定評がある。2023年3月にその集大成と道半ばの印としてのソロ・オールナイトロングセットを渋谷WWW Xで敢行した。また、Baba StiltzやMall Grab、Ross From Friendsなど数々のアップカミングなDJ/プロデューサーを招聘してきたCYKは、日本のみならず韓国や香港などのアジアや「Rainbow Disco Club」や「FUJI ROCK」などのフェスティバルにもラインナップされており、22年12月渋谷O-EASTにて行われたALL NIGHT LONGパーティーも盛況を見せた。 B2Bスタイルを軸に広義の”ハウス”の解釈のもと、日本を中心に海外も含めた様々なシチュエーションでプレイを重ねている。また、旧来のハウス・ミュージック・カルチャーに準拠し、セーフスペースの概念に重きを置いたフロア作りを行なっている。自身のパーティーおよびCYKを中心に多数のフライヤーを手がけるグラフィックデザイナーとしての側面もあり、過去にコラムが中心となったZINEの製作を行うなどあらゆるフォーマットでアウトプットを行なっている。”DJ”という肩書きに依拠せず活動する彼は、この時代に投下された一種の吸収体による純粋な反応に過ぎない。

 

https://soundcloud.com/kotsu0830

https://www.instagram.com/kotsu0830/

 

注意事項

Over 20 onlyPhoto ID required 

20未満入場不可・要顔写真付ID

続きを読む

チケット販売情報

BUY TICKET

前売券

受付日時

2023/4/6(木) 20:00 〜 2023/6/23(金) 19:00

販売終了 チケット分配不可

前売券

料  金

¥2,500

購入枚数

会員登録が必要です

Over 20 only・Photo ID required
20未満入場不可・要顔写真付ID

入場方法
・QRコードチケットが発行されます
・QRコードチケットは1人1枚必要です

お問い合わせ

CONTACT

Pacific Mode

Webフォームでお問い合わせ

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録