16
SPECIAL
INTERVIEW
宮田和弥
(JUN SKY WALKER(S)・ボーカル)
「ソロ」と「バンド」、今もなお “ライブ”で
歌い続けている宮田和弥を支える原動力 
撮影/森崎純子 インタビュー・文/東條祥恵
 
■PROFILE
宮田和弥(みやたかずや)
ロックバンド JUN SKY WALKER(S)のボーカリスト。1988年デビュー。1997年に解散後、ソロ活動を経てジェット機のボーカル・宮田JETとして2009年7月まで活動。2008年、J(S)Wデビュー20周年にあたり復活。2011年5月には復興支援ツアーを行い、2011年10月に完全復活を発表。2018年、デビュー30周年を迎え、カバーアルバムとベストアルバムの発表、全30公演におよぶ全国ツアーの開催を発表した。また、バンド活動と並行して、インディペンデントな活動のひとつとして、アコースティックギター1本での弾き語り“SLOWCAMP”を開催。ゆっくりとあたたかい音の呼吸を身近に感じられる場所で紡ぎ出されるその音楽は、ボーカリストとしての魅力が存分に詰まっている。
■オフィシャルサイト
 
■Information
J(S)W史上初の究極のオールタイムベストアルバム『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』
2018.5.21 on sale
・初回生産限定盤
3CD+DVD
MUCD-8121~24 4,500円+税
・通常盤 3CD
MUCD-1408~10 3,500円+税
■JUN SKY WALKER(S)デビュー30周年を彩る全30公演の全国ツアー開催決定!
■チケット料金:スタンディング 6,000円(税込)
※整理番号付き。各会場、別途ドリンク代必要。
※3歳未満入場不可、3歳以上チケット必要。
※高校生以下の方は、当日会場で2,000円キャッシュバック!当日、学生証などの身分証明書をご提示ください。
「JUN SKY WALKER(S)
30th Anniversary TOUR
~全部このままで~」
・9月29日(土)渋谷 CLUB QUATTRO
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】DISK GARAGE 050-5533-0888
・10月5日(金)旭川 CASINO DRIVE
OPEN 18:30 / START 19:00
【問】マウントアライブ 011-623-5555
・10月6日(土)札幌 BESSIE HALL
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】マウントアライブ 011-623-5555
・10月20日(土)仙台 MACANA
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー東北 022-217-7788
・10月21(日)郡山 CLUB #9
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー東北 022-217-7788
・10月27日(土)柏 DOMe
OPEN 17:00 / 17:30
【問】DISK GARAGE 050-5533-0888
・11月10日(土)
HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】DISK GARAGE 050-5533-0888
・11月17日(土)別府 COPPER RAVENS
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー西日本 092-714-0159
・11月18日(日)長崎 DRUM Be-7
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー西日本 092-714-0159
・12月9日(月・祝)F.A.D YOKOHAMA
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】DISK GARAGE 050-5533-0888
・12月15日(土)長野 CLUB JUNK BOX
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
・12月16日(日)
新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
・12月22日(土)鹿児島 CAPARVO HALL
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー西日本 092-714-0159
・12月23日(日)熊本 B.9 V1
OPEN 17:00 / START 17:30
【問】キョードー西日本 092-714-0159
■JUN SKY WALKER(S)30周年特設サイト
 2019年のツアー情報もチェック!
 
■JUN SKY WALKER(S) FES出演情報
・「シミズオクト Presents 氣志團万博2018
~房総爆音爆勝宣言~」
9月15日(土)千葉県 袖ケ浦海浜公園
・「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018」
9月22日(土)岐阜県 中津川公園内特設ステージ
宮田和弥は“ジュンスカ”こと JUN SKY WALKER(S)(ジュン・スカイ・ウォーカーズ)のボーカリストだ。ジュンスカは原宿のホコ天、ビートパンクなど音楽シーンにセンセーションを巻き起こしながらバンドブームを牽引。爆発的な人気で一気に頂点まで上り詰めた。一度解散はあったものの、バンドは活動を再開し、今年デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを迎えた。
輝かしいヒストリーの数々を持つバンドのボーカリストである彼は、今もソロで弾き語りのライブ活動を続けている。宮田和弥はなぜジュンスカ、ソロでステージに立ち続けることにこだわっているのか。頂点を極めたミュージシャンが今も忘れられない“ライブ”とは。
2018年、デビュー30周年を迎えたジュンスカ
「J(S)W XXX PROJECT」が進行中!
■JUN SKY WALKER(S)デビュー30周年おめでとうございます。今回のアニバーサリーイヤーは30周年プロジェクト「J(S)W XXX PROJECT」としてかなり精力的に活動されてますよね?
そうですね。ジュンスカはレコード会社をドリーミュージックに移籍しまして。ドリーのプロデューサーと30周年イヤーの計画を一緒に練っていく中で、今回の活動が点で終わるのではなく、これからもジュンスカが続いていくようにちゃんと組み立てていこうということで活動を考えまして。今年に入ってからは、カバーアルバム(『BADAS(S)』)に始まり、中野サンプラザ初ワンマン(MX ROCK祭り JUN SKY WALKER(S)『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』)、ベスト盤(『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』)ときて。この後は夏フェスにもジュンスカとして出ていきますし。今回のプロジェクトの一環として、近々ですけど6月16日には名古屋ブルーノートで僕のソロのライブ(『JUN SKY WALKER(S)デビュー30周年記念J(S)W XXX PROJECT 宮田和弥プレミアムライブ』)もやるんですよ。そうして、秋からは来年に向けて、30周年を記念して全30公演のツアーもやります。ここで、全国にジュンスカサウンドを届けられたらなと思ってます。
■今回発売されたベスト盤のジャケットでは、30年前に出したデビューアルバム『全部このままで』が再現されていますが。30年経っても、驚くほど変わらないですよね?
いやいやいや(苦笑)。変わりはしましたよ。でも、メンバーそれぞれストイックにやってるんだと思うんですよね。小林(雅之/Dr)も(寺岡)呼人 (Ba)も森(純太/Gt)くんも、健康管理だとか体をシェイプすることだとか。みんなそこら辺の意識は高いんじゃないかな。
■それは、ジュンスカとしてステージに立つならこうあらなければという理想が、みなさんの中にきっちりあるからですよね?
そうですね。太ってデブデブになっちゃったらロックはいけないじゃないですけど。僕らはザ・ローリング・ストーンズだとかエアロスミスで、音楽だけじゃない容姿を含めてトータルでのエンタテインメントとして人前に立つというのを見てきたので。彼らは未だに体をシェイプして、ステージに立ち続けて夢を与えているわけですから。そういうところは僕たちも真似して、次の世代に伝えていければなという気持ちはありますね。
■未だに宮田さんはラバーソールが似合う存在ですしね。
ラバーソールは撮影のときだけですけどね(笑)。あれでステージ出たら重すぎて足くじいちゃうから、今はブーツにしました。
弾き語りのソロとジュンスカの2つがあるのは
僕の中では非常にいいバランス
■宮田さんの中で、ジュンスカとソロはどんな違いがあるんですか?
基本的にソロはライブハウスではなく、カフェでしかライブをやらないんですよ。弾き語りでカフェを一人で回ると決めて活動をスタートさせたんですね。だからマネージャーもつけないで、僕がギターを背負って、スーツケースに物販を詰めて会場を回ってるんです。ジュンスカは大所帯ですから、スタッフが機材搬入から何から全部やってくれるんです。身の回りのことまで。だけど、弾き語りのソロは自分一人で全部やる。そこが僕の中では大きく違います。
■キャリアを重ねた今、あえて自分一人でやるというところに戻るのがいいわけですか?
人生プラマイゼロだと思うんですよ。10代、20代の頃に苦労して一人で回ってて、30代になってブレイクする人もれば、僕は20代のど頭でブレイクしちゃって、すぐに日本武道館だ、西武球場(現メットライフドーム)だっていう感じだったから。若い頃、売れないで苦労したっていう時代がないんですよ。
■ジュンスカはデビュー直後から爆発的な人気でスターダムに駆け上がりましたからね。
ジュンスカを解散したあと、僕はジェット機というバンドをやったりしてて。そして、40代になった頃かな? 今度は一人で弾き語りでやってみようと思っただけだから。そういうことをやるタイミングが今なのか20代なのか。それだけの話だと思う。今はこの弾き語りのソロがあって、ジュンスカがあるというのは、非常に僕の中ではいいバランスなの。
■ジュンスカとソロ、2つあるのがいいと。
ええ。ソロはデコレーションしようがないんですよ。弾き語りなので“歌”で勝負になる。歌をちゃんと伝える術がないと伝わらないから、これをやることによって非常に歌が鍛えられるんですね。ソロをやると、ジュンスカに戻ったときにさらにいい歌が歌える。だから、弾き語りは言ってみれば“修行”みたいなもの。自分の歌を鍛えるための。あと、ギターもそうですね。最初は弾けませんでしたから。昔は“ボーカリスト”というところで自分を奮い立たせてた部分があったんだけど、今は楽器も演奏して歌も歌う“ミュージシャン”としてちゃんと生きてる。そんな気持ちはありますね。いろんな人がいるじゃないですか? ボーカリストから役者になる人もいれば、ミュージカル俳優になる人もいる。僕の場合はそこが弾き語りだったんですよ。やりだしてから13年ぐらい経ちますけど、僕はこれを選んでよかったなと思います。
みんなの生活の時間がある空間に
僕が音楽で魔法をかけてそこを特別な空間にする
■弾き語りをカフェでやる理由はなにかあるんですか?
窓があるところでやりたかったんです。しかも、音楽が目的の場所ではなくて、人が生活している日常がある場所が良かったんです。例えばランチタイムにお子さんを連れた人がご飯を食べに来たり、お茶の時間になるとサラリーマンの人が一息つきに来たり。みんなの生活の時間がある空間に、僕が弾き語りで音楽を持ち込んで、音楽で魔法をかけてそこを特別な空間にする。それが、今の僕のソロの醍醐味でもあるんです。
■ライブハウスではなく、日常の生活空間に自分の音楽を持ち込み、音楽で魔法をかけて、そこを特別な空間にするという発想自体が面白いですよね。
その弾き語りの番外編として、バンドバージョンでやるときもあって。それはライブハウスでやりますけどね。
1 | 2

LIVE HOUSE SELECT 会場からイベントを探す
渋谷DESEO
CLUB251
下北沢GARAGE
両国SUNRIZE
渋谷チェルシーホテル
スターラウンジ
新宿red cloth
下北沢clubQUE
BASEMENT BAR
新宿Catshole
新宿ロフト
LIVE LABO YOYOGI
K'S DREAM
CLUB TENJIKU
まほろ座MACHIDA
立川BABEL
町田SDR
六本木Varit
新横浜べルズ
柏DOMe
渋谷LUSH
浅草ゴールドサウンズ
ユニオンソーダ
秋葉原クラブグッドマン
新宿SAMURAI
OSAKA MUSE
名古屋HeartLand
名古屋SPADE BOX
名古屋CLUB UPSET
名古屋HUCK FINN
神戸ART HOUSE
名古屋栄Live DOXY

PAGE TOP