15
SPECIAL
INTERVIEW
MADBEAVERS
MADBEAVERS 10 YEARS ANNIVERSARY!!
この3人がいれば目指す音楽はなんだってできる。
MADBEAVERSが今もなお挑み続けるロックンロール。
撮影/三浦孝明 インタビュー・文/東條祥恵
 
■PROFILE
MADBEAVERS(マッドビーバーズ)
1998年、KIYOSHI、JOE、CHIROLYNの3人でKIYOSHI'S MADBEAVERS名義で活動開始。2007年9月にCHIROLYNの脱退後、KIYOSHIとJOEの2人で活動を続けていた中、2008年4月にEBIが正式加入。名義をMADBEAVERSに変え、2008年12月にアルバム『You are my Black sunshine.』を発表し、再スタートを切った。EBIの加入により、さらに磨きがかかったソリッドなサウンド、そしてメロディアスな曲。見る者を魅了し、聴く者の感覚を呼び起こす。活動10周年を迎え、現在アニバーサリーツアーを開催中。
■Information
ニューシングル「UROBOROS」
・MRMB-0016 1,500円(税込)
2018.5.6 on sale!
【収録曲】
01:UROBOROS
02:Warrior is Queen
■MADBEAVERS
10years TOUR 2018 #2 開催中!
・6月3日(日)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
★Kiyoshi生誕祭!
OPEN 17:30 / START 18:00
・ 6月8日(金)Music Bar burrows
(Kiyoshi a.k.a freeman)☆c/w 木村世治
OPEN 20:30/START 21:00
・ 6月9日(土)いわきclubSONIC
☆c/w 木村世治(with 仲川泰弘)
OPEN 17:30 / START 18:00
・6月10日(日)石巻 BLUE RESISTANCE
☆c/w 木村世治(with 仲川泰弘)
OPEN 17:00/START 17:30
■MADBEAVERS
10years TOUR 2018 #3
・6月19日(火)佐賀 GEILS
☆c/w LewBees
OPEN 18:30 / START 19:00
・6月20日(水)佐賀 LIVE BAR・雷神
(Kiyoshi a.k.a freeman)
OPEN 19:30 / START 20:00
・6月22日(金)小倉 FUSE
OPEN 18:30 / START 19:00
・6月23日(土)福岡 Club PEACE
OPEN 18:00 / START 18:30
・6月30日(土)新潟 柳都SHOW!CASE!!
OPEN 18:00 / START 18:30
・7月1日(日)高崎 clubFLEEZ
OPEN 17:30 / START 18:00
■チケット料金
前売4,500円/当日5,000円(税込)
[1DRINK別]
【6月8、20日公演のみ】
前売3,500円/当日4,000円(税込)
[1DRINK別]
※6/8と6/20の2公演は、Kiyoshi a.k.a freemanのLIVEの為、チケット料金が異なります。
■オフィシャルサイト
hide with Spread Beaverをきっかけに生まれたMADBEAVERSが、Kiyoshi(Gt&Vo)とJOE(Dr)、そこに新たにEBI(Ba)が加入し、現メンバーとなって今年10周年を迎えた。音楽シーンでは、それぞれが20年以上のキャリアを持ち、ライブは百戦錬磨な凄腕ミュージシャンが集まり、バンド最小ユニットでストイックにロックンロールに挑み続ける彼ら。最新作「UROBOROS」を引っ提げ、10周年のアニバーサリーツアー「MADBEAVERS 10years TOUR 2018 #2」「MADBEAVERS 10years TOUR 2018 #3」を開催中の3人に話を訊いた。
MADBEAVERS、10周年の始まりを告げる
最新作「UROBOROS」。
“いい曲”ではなく“すごい曲”を作りたかった。
■最初に、このメンバーが集まってバンドをやりだした経緯から教えてください。
JOE 始まりはhideのツアーだよね。
Kiyoshi 96年にやった「PSYENCE A GO GO」というツアーで初めてJOEと一緒にやって。もともと一緒にやっていたCHIROLYNとKIYOSHI'S MADBEAVERSという名義で活動をしだしたんですけど。ちょうど10年前、そのベースが抜けて。ベーシストを探してるとき、たまたまYahoo!ニュースで「石橋凌 ARB脱退を受け活動停止」というのを見たんですよ。僕はARB好きだったから「じゃあARBのベース、なにやってんだろう?」と思って。全然EBIちゃんと面識はなかったんですけど、たまたま僕らの音響をやってた人がARBもやってたのかな?
EBI ユニコーンだね。
Kiyoshi その人が「EBIさん知ってますけど」と言うから、当時のマネージャーにCDを託してEBIちゃんに届けてもらって。聴いてもらったら「弾いてみたい!」と言ってくれて。それで、笹塚のスタジオで「初めまして」と。
EBI 会って、音を出して、加入したんです。
Kiyoshi EBIちゃんとJOEが組んだリズム隊というのは、普通ではないと思うの。
■44MAGNUMとユニコーンですからね。
Kiyoshi うん。もとを正せばヘヴィメタルなアプローチをやってるバンドの人と、ポップスのアプローチをやってるバンドの人ですから。でもEBIちゃんのベースのポテンシャルは、直線上のロックンロールをやるにはすごくいいグルーヴで、とっても僕好みなんですよ。曲を作るときは自分の中にはバーチャルJOEとバーチャルEBIがいて、それを介してデモを作ってますから。それぐらい僕の中ではこの2人がいないと始まらないんです。
今作はものすっごいいい音で録れてる。
EBIの「プレーヤー人生の中で初めての経験」とは?
■現メンバーが揃って今年で10周年。その始まりとなる新作「UROBOROS」(ライブ会場、MAD STOREで発売中)は、どんなコンセプトで作られたものなんでしょうか?
Kiyoshi 僕が思うロックンロールという枠の中でいろいろ作ってきて。もっと違うところ? ロックンロールで組曲的な発想ってないよなと思って。
JOE ハードロックとかプログレはあるけどね。
Kiyoshi そうそう。イメージとしては、3人の音がトグロを巻いて空に舞い上がる。そういう楽曲を作りたくて。「“いい曲”作りました!」ってみんな言うけど、そんなんじゃなくて“すごい曲”を作りたかった。他の音を入れて構築するんじゃなく、この3人でできることをやる。当たり前だけど、それで誰もやってないことをやってみたかった。
■演奏してみてどうでしたか?
EBI 弾き甲斐がありますね。
Kiyoshi 途中でどこまで弾いたか分かんなくなるし(笑)。
EBI 曲が9分以上あるんですよ。なので、最初デモを聴いて「んん? これはどこまで続くだろう?」と思って、途中から曲の構成を紙に書き出したら2枚ぐらいあって(笑)。
JOE うん。書かないと迷子になる。
EBI こんなことやったのはプレーヤー人生の中で初めての経験です。こんなに長い曲やるのは初ですから。いつも曲を聴いてエネルギーに満ち溢れていて収まらない感じ。そんなことを思うんですけど。今作もそうでした。
JOE しかも、今作はものすっごいいい音で録れてるんですよ。3人だけでこんなにダイナミックレンジがあるんだというのをすごい思いました。それがね、ドーンといい音で響いてくから、かなり聴き応えがあると思いますよ。普通のシングルではありえないです。
トリオは、表現できる音が少ない中で
なにを表現するか?を最大限試せる形態。
■みなさんが3人という最小限のバンド形態で、より研ぎ澄まされたバンドサウンドを追求するようになったきっかけはなんだったんですか?
JOE 他にこういう形態の音楽をやってるユニットが存在しなかったから。他は少なくても4人以上はいて。中にはキーボードがいたりするバンドもあって。自分がやってる中で、トリオはここしかないんですよ。
■トリオという形態はどんなところが他と違って魅力的なんでしょうか?
JOE 表現できる音が少ない中で、なにを表現するかというのを最大限試せる形態なんですよ。音の厚みを出したいとき、僕らは楽器の数では音を稼げないから、3つの音と歌しか出てないなか、どうやって重低音を出そうかとか。そういうことを試せるのはここしかないんで、それをどこまでも追求してやれるところが魅力ですね。
■しかもそれを生音、バンドサウンドだけで。
JOE ええ。今はみんな打ち込んでやるんでしょうけど。古いのかもしれないけど、打ち込みでライブでは再現できない音よりも、絶対生の音を聴かせるほうがいいですから。
EBI 僕は3人っていう編成は好きなんですよね。他にも3人でやってる(川西幸一、手島いさむ、EBIで“電大”として活動中)のはあるんですが。そっちは毛色が全く違ってて。みんなで歌うという合唱スタイルで(笑)。でもたぶんね、音楽的志向はMADBEAVERSが一番。割と激しい、男な感じの音が好きなんです。
Kiyoshi たまにEBIちゃんのファンの人がメッセージをくれるんですけど。「MADBEAVERSで弾いてるEBIちゃんが一番カッコいい」と言ってもらえるのは嬉しいですね。
■Kiyoshiさんはトリオのどんなところに魅力を感じてらっしゃるんですか?
Kiyoshi 僕はこれまでギタリストとしてもユニットでも、打ち込みからなにからいろんなことやってきたんですね。さっきJOEが言ってたけど、今はデスクトップ上でなんでもできちゃうでしょ? やろうと思えば。別にそれは悪いことだとは思わない。だけど僕らはずっと“楽器”を弾いてきた人間。『ミュージシャン』という呼び方があるけど、僕らはもともとミュージシャンだから楽器を弾かないと意味がない。僕はギターを弾きたくて音楽をやりだした訳だから。そういうミュージシャンがやるバンドの究極の形がこの形というか。ここに行き着いた。MADBEAVERSはEBIちゃんとJOEがいれば、自分が目指す音楽はなんだってできるなと。それはEBIちゃんが入ったときからこの10年変わってない。その10年間の中で、これまでいろんな曲を出してきたけど。それは、新しいマテリアルが1曲でも2曲でもあったほうが活性化するから。俺たちもお客さんもライブも。ライブやるために新曲は出してるんだよね。
1 | 2

LIVE HOUSE SELECT 会場からイベントを探す
渋谷DESEO
CLUB251
下北沢GARAGE
両国SUNRIZE
渋谷チェルシーホテル
スターラウンジ
新宿red cloth
下北沢clubQUE
BASEMENT BAR
新宿Catshole
新宿ロフト
LIVE LABO YOYOGI
K'S DREAM
CLUB TENJIKU
まほろ座MACHIDA
立川BABEL
町田SDR
六本木Varit
新横浜べルズ
柏DOMe
渋谷LUSH
浅草ゴールドサウンズ
ユニオンソーダ
秋葉原クラブグッドマン
新宿SAMURAI
OSAKA MUSE
名古屋HeartLand
名古屋SPADE BOX
名古屋CLUB UPSET
名古屋HUCK FINN
神戸ART HOUSE
名古屋栄Live DOXY
代々木ZhertheZOO
吉祥寺STARPINESCAFE
吉祥寺WARP

PAGE TOP