Go Toイベントのチケット販売ならLivePocket(ライヴポケット)/デジタルチケット(電子チケット)販売サービス

Go Toイベントのチケット販売ならLivePocket(ライヴポケット)/デジタルチケット(電子チケット)販売サービス

MENU

CLOSE

Go Toイベントのチケット販売ならLivePocket-Ticket- 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって甚大な影響を受けている文化芸術やスポーツに関するイベントの需要喚起を目的とした事業「Go Toイベント」対象イベントのチケットが、Live Pocket-Ticket-でも販売できます。

Go Toイベントのチケット販売ならLivePocket-Ticket- 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって甚大な影響を受けている文化芸術やスポーツに関するイベントの需要喚起を目的とした事業「Go Toイベント」対象イベントのチケットが、Live Pocket-Ticket-でも販売できます。

お知らせ

2021.01.18(月)
(追記)新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受けたGo Toイベント事業の取扱いについて
2021.01.08(金)
新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を受けたGo Toイベント事業の取扱いについて
2020.12.23(水)
年末年始におけるGo Toイベント事業の取扱いについて
2020.12.23(水)
Go Toイベント対象イベントの取り扱いを開始しました。

Go Toイベントとは?

チケットの割引・クーポンの付与により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって甚大な影響を受けている文化芸術やスポーツに関するイベントの需要喚起を目的とした事業です。

キャンペーン期間

〜2021年2月28日(日)

※現在、オンラインイベントのみの取り扱いです。

  • ※キャンペーンの対象となるのは、事前に登録の上、キャンペーン期間中に販売され、キャンペーン期間中に実施されたイベントのチケットです。
  • ※キャンペーン期間が始まる前に販売されたものは対象外となります。

対象イベント

Go Toイベントに登録ができるイベントは参加者の物理的な移動に伴う従来型のイベントの他、
無観客で行われるオンライン配信イベント等の「新しい生活様式」に対応した形式のものも含みます。
詳しくは、Go Toイベント公募資料をご確認ください。

  • ※要件を満たしたオンライン配信イベント等も対象になります。
  • ※販売開始後にGo Toイベント事業事務局により対象外と判断された場合、実販売額でのご精算となります。(給付金分はお支払いいたしかねます)
  • ※ファンクラブ会員限定ライブなど、会員以外の方が入場できないイベントは対象外になります。(ファンクラブ会員先行販売などを行うが、一般販売も行う等で誰でも入場できるイベントは対象になります)
  • ※飲食関係のイベントや旅行を伴うイベント、習い事にあたるイベントについては、対象外になる可能性があるため、必ず事前に対象の可否をGo Toキャンペーン事業事務局へご確認ください。

給付について

LivePocket-Ticket-で販売可能なGo Toイベントは、「割引給付」のみが対象となります。

イベントチケットの通常価格の例(消費税込み)

給付額は、チケット1枚あたり、原則として通常価格の2割相当額(上限 2,000円)となります。

※小数点以下の金額は切り捨て

説明画像

Go Toイベントのチケットを
LivePocket-Ticket-で販売するには?

Go Toイベントの対象イベントおよび、LivePocketでのチケット販売には、それぞれ事前に登録が必要です。

Go Toイベント主催者登録

Go Toイベント公式サイトから「主催者登録」が必要です。
公式サイトより、登録をお願いします。

  • ※Go Toイベントの「主催者登録」は、Go Toイベント事業事務局による申請内容の確認・審査に日数を要すため、お早めに登録手続きをおこなってください。
  • ※LivePocketでGo Toイベントのチケットを販売する際に必要なのは「主催者登録」です。
    「販売受託事業者」は、LivePocketとなります。
    ただし、自社でも対象イベントのチケットの販売を行う場合は、別途「販売事業者兼主催者」登録が必要になります。
    詳しくは、Go Toイベント事業事務局へお問い合わせください。

Go Toイベント対象イベントの登録

Go Toイベント公式サイト(主催者用マイページ)にて、対象となるイベントを登録し、イベントID(興行ID/公演ID)を取得してください。

LivePocket-Ticket-への主催者利用登録

Go Toイベント対象イベントのチケットの販売を、LivePocketで行う場合は、LivePocketでの主催者利用登録が必要です。
登録がまだお済みでない方は、登録を行ってください(登録は無料です)。

また、Go Toイベントの開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を行うとともに、関係する業種別ガイドライン(https://corona.go.jp/)を遵守してください。

LivePocket-Ticket-でのGo Toイベント登録方法

Go Toイベントの公式サイトにて登録した対象イベントの興行ID/公演IDが必要です。
下記手順に従って、イベントを登録してください。

  • ※イベント登録後に不備が発覚した場合、Go Toキャンペーン予算に達した場合、また早期に終了した場合、給付金分の金額は支払えないことがあります。予めご了承ください。

01

Go Toイベント対象イベントの登録

画面キャプチャ01

イベント登録画面より、イベントを登録してください。
「興行ID」入力欄に、Go Toイベント公式サイトでのイベント登録時に発行された「興行ID」を入力してください。

02

受付登録

画面キャプチャ02

受付作成時の「公演ID」入力欄に、Go Toイベント公式サイトでのイベント登録時に発行された「公演ID」を入力してください。

  • ※「公演ID」ごとに受付の作成が必要となります
  • ※先着販売/抽選販売で販売方法が異なる場合は、公演IDが同じでも、別々に受付を作成してください

03

チケット登録

画面キャプチャ03

販売するチケットの種類/枚数を登録してください。
チケット料金は、Go Toイベント割引適用前と割引適用後の料金を入力してください。

04

イベント公開申請

画面キャプチャ04

イベントページの公開設定画面より、公開申請をしてください。
Go Toイベント対象のイベントページは即時公開されません。
LivePocket-Ticket-で確認完了後、3営業日以内に公開されます。

よくある質問

チケットの販売手数料はいくらかかりますか?
LivePocket-Ticket-での「販売手数料」は、チケット料金の5%を頂戴しています。
Go Toイベントでの「チケット料金」にあたるのは、元販売額(Go To適用前金額)になります。

※LivePocket-Ticket-での手数料・売上お支払いについて詳しくはこちら

チケットの売上はどのように受け取れますか?
「実販売額(Go To割引適用後金額)」「給付金額」で、2回に分けてのお振込みとなります。
「給付金額」は、Go Toイベント事業事務局から給付金が支払われてからのお支払いとなり、イベント終了後約3週間後が目安となります。
それぞれのお振込み毎に振込手数料550円(税込)が差し引かれます。

実販売額(Go To割引適用後金額):イベント終了日から15日締め/末締めでのお支払い

※LivePocket-Ticket-での手数料・売上お支払いについて詳しくはこちら


給付金額:イベント終了後約3週間後のお支払い
イベントを登録して、イベントページが公開される(チケット販売がスタートできる)までにどれくらいかかりますか?
LivePocket-Ticket-からGo Toイベント事業事務局へ登録内容について確認完了後、イベントページが公開されます。
イベント公開申請から3営業日以内が目安になります。

※多数の新規イベント登録が重なる期間についてはこの限りではありません

Go Toイベントの給付方法でクーポンを選択したのですが、販売可能ですか?
LivePocket-Ticket-で販売できるのは、給付方法が「割引」のチケットのみになります。
リアルイベントと一緒にオンラインでも配信をします。同じイベントなので、同一のイベントページでチケット販売できますか?
リアルイベントとオンラインイベントの両方がある場合は、別々のイベントページを作成し、それぞれ対象となる興行ID/公演IDでご登録ください。
オンライン配信の視聴チケットはGo Toイベントの対象になりますか?
オンライン配信の視聴チケットも対象になりますが、以下の条件があります。

※主催者用補助資料2020年12月10日(1.5版)より抜粋


---------------
①オンライン配信イベントの場合は、日本で撮影されているものに限る。
また、事務局による現地確認が可能な場所で撮影を行うこと。
②オンライン配信イベントの場合は原則、リアルタイムでの配信イベントであることとします。
•ただし、キャンペーン期間中に撮影及び配信の双方を行う場合はリアルタイムでの配信でなくとも可とします。
例:11/15に撮影した映像を11/30に配信する場合
•キャンペーン期間以前に撮影された映像の活用は、当該イベントの目的に照らして従たる関係に立つ限り、演出の一部として可とします。
例:10/10 に撮影した映像を、11/30にオンライン配信イベントのコンテンツの一部として配信する場合
(メイキング映像やダイジェスト等)
③上記のイベントに付随するものとしてのアーカイブ配信(リアルタイムで行ったライブ配信の映像を後日配信すること)は可とします。
例:11/30に実施したリアルタイムでのオンライン配信イベントの映像を 12/1~12/15の期間、アーカイブ配信する場合
④本事業のキャンペーン期間終了日以降にも視聴できる場合であっても、主たる配信日がキャンペーン期間内であれば対象となります。
⑤キャンペーン期間外に配信される場合は、対象外とします。

※アーカイブ配信について※
開始時刻と終了時刻が特定されており(12/10 13-15時など)、その時間内にのみ視聴できる「配信」を視聴できるチケットがGo Toイベントの給付対象となっております。
指定された期間内(12/11-18など)であればいつでも好きな時に視聴できる「アーカイブ配信」については、「配信+アーカイブ配信」がセットになっているチケットであれば対象になりますが、「アーカイブ配信」のみのチケットはGo Toイベントの対象外となりますので、ご注意ください。
「配信」の日時を過ぎていて、物理的にリアルタイム配信時に視聴できない場合でも、「配信+アーカイブ配信」がセットになっているチケットのまま販売する場合は、キャンペーン期間中に販売する分はGo Toイベント対象になります。
---------------

更に詳しくは、Go Toイベントページより「最新版の補助資料」を確認いただくか、「Go Toイベント事業主催者専用窓口」までお問い合わせください。
ペアチケットの販売は可能ですか?
販売自体は可能ですが、Go Toイベント事業事務局より、

『感染拡大防止の観点から、購入1回あたりの参加人数が5人以内となるように販売していただくようお願いします(ペアチケットの場合は購入1回あたり2枚まで、4人チケットの場合は購入1回あたり1枚まで)』

との公示がありますので、1枚ないし2枚以上購入できないよう、受付登録時に購入枚数制限を設定してください。
なお、設定ミス等により誤ってペアチケットを3枚以上販売してしまった場合(3×2名様分=6名様分の販売)、給付金額分のお支払いができなくなる場合があります。

※1回の購入で5名様分までのチケット販売が上限になります。

既に販売中のイベントをGo Toイベント対象にすることはできますか?
既に通常価格で販売開始しているイベントにて、販売中のチケットと同一のチケットを後から「Go Toイベント対象」として割引販売を行う場合、既に販売を開始しているイベントページとは別で、Go Toイベント用のイベントページを作成し、対象となる興行ID/公演IDでご登録ください。

【注意】
・既に通常価格で販売したチケットは、遡ってGo Toイベント対象とすることはできません(給付対象外)
・同一イベントで、同一のチケットを後からGo Toイベント対象として割引販売を行う場合、先に通常価格で販売していたチケット(イベントページ)は売り止めにしていただくことを推奨いたします。
(通常価格での販売を継続しながら割引販売を同時に行うと、通常価格での販売と割引価格での販売が並行してしまうことで、購入者が混乱してしまう可能性があります)
また、販売枚数の管理は十分ご注意ください。(販売可能枚数を超えてしまったり、座席被りなどを起こさないようご注意ください)
チケット販売がスタートしているイベントのイベント開催地域にて、リアルイベント開催についての制限が発令された場合、対応はどうなりますか?
制限の内容によりますが、『●月●日までに開催のイベントについての支援対象チケット販売は停止』という要請の場合、該当するイベントのチケットについて、制限の発令日以降に販売されたチケットは『給付対象外』になります。

Go To対象のイベントページでは割引金額での販売しかできず、また、その期間の販売チケットについては給付金分が支払われませんので、直ちにチケットの売り止めをしてください。

引き続き通常価格で販売されたい場合は、別途イベントページを作成し、通常販売価格でチケットを販売ください。

※通常イベント登録についてはGo Toイベントに係る審査は発生しませんので、登録後すぐにチケット販売を開始できます


なお、政府および各都道府県発令の内容、Go Toイベント事業に係る措置等についてはGo Toイベントページより最新情報をご確認ください。
イベントの中止やGo To対象期間外への延期について、どのような対応が必要ですか?
イベント中止の際、またGo To対象期間外への延期の際は、
中止・延期が決定した時点で、必ずすぐに、LivePocket-Ticket-運用サポート( support@livepocket.jp )へ、メールにてご一報ください。
その際、対象となるイベントの「販売ページURL」「Go ToイベントID(13桁:興行ID+公演ID)」をご連絡ください。

※LivePocket-Ticket-でのイベントの中止・延期についてはこちら

イベントの中止やGo To対象期間外への延期について、給付金は支払われますか?
イベントの中止やGo To対象期間外への延期については、給付金の受け取りはできません。
実際に販売した実販売額(GoTo割引適用後金額)のみお支払いいたします。

※割引分(給付金額分)はお支払いすることはできかねます。

イベントが中止になりました。返金手数料はかかりますか?
返金時にはLivePocket-Ticket-規定の返金手続きが必要です。
返金手数料は、申込み1件につき、チケット料金の5%+コンビニ振込み手数料+600円(税込)が最大となります。
Go Toイベントでの、返金対応時の「チケット料金」にあたるのは、実販売額(Go To割引適用後金額)になります。

※LivePocket-Ticket-での返金について詳しくはこちら

LivePocket-Ticket-とは?

事前審査なし、初期費用無料
\ 誰もが安心してデジタルチケット販売が始められるサービスです。/

事前審査なし、初期費用無料
誰もが安心してデジタルチケット販売が
\ 始められるサービスです。/

ライブ、演劇、ファンイベント、スポーツ、催事、ポップアップストアなどLivePocket-Ticket-なら、誰でも、簡単に、あらゆるジャンルのデジタル(電子)チケットを販売できます。もちろんオンラインイベントのチケット販売も可能です。

  • ライブイベント

    ライブイベントのイメージ画像
  • 演劇

    演劇のイメージ画像
  • ポップアップストア

    ポップアップストアのイメージ画像

お問い合わせ

Go Toイベントに関するお問い合わせは、Go Toイベント事業主催者窓口までお願いします。

LivePocketでのイベントの登録やチケットの販売については、LivePocket-Ticket-運用サポート(チケット販売者専用)までお問い合わせください。

ページトップヘ