Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

デジタル・エンターティメント研究会 トークライブ vol. 2 「ゲームと文学― 『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」

イベントを探す

デジタル・エンターティメント研究会 トークライブ vol. 2 「ゲームと文学― 『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」

  • デジタル・エンターティメント研究会 トークライブ vol. 2 「ゲームと文学― 『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」

    デジタル・エンターティメント研究会 トークライブ vol. 2 「ゲームと文学― 『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」

チケットを買う

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2018/6/17(日)

開場日時 13:30  開演日時 14:00  終演日時 16:30

会 場

東京都 / 桜神宮

世田谷区新町3丁目21−3

会場Map・アクセス方法はこちら

販売元

日本未来学会(会長:公文俊平)メディア部会であるデジタル・エンターティメント研究会(代表:橘川幸夫)は、来たる617日(日)に公開トークライブ vol.2「ゲームと文学1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」を開催いたします。本イベントは、ビデオゲームをはじめ広く「ゲーム」を扱った文学作品を10年単位で紹介し、これからの「ゲーム」と「文学」のあり方を考えよう、というものです。

未来のVRゲームを題材にした小説『レディ・プレイヤー1(邦題:ゲームウォーズ)』の映画化や、4月刊行の“伝説のプロゲーマー”による自伝的小説『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』が話題を博すなど、「ゲームと文学」の関係に、いま新たな潮流が起こりつつあります。

『ポケモンGO』登場後の拡張現実ゲームのインパクトや「eスポーツ」ブームなどを背景に、ゲームをプレイする人々の体験が、時代の現実を映し出す普遍的な題材として、現代文学を再び活性化し始めているのだと言えるでしょう。

今回のトークライブでは、歴代のエポックメーキングとなった小説作品を振り返りながら、ゲームと文学のホットな化学反応を一望します!

 

 

名称 ゲームと文学1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで

主催 日本未来学会 デジタル・エンターティメント研究会

日時 2018617日(日) 13:30開場 14:00開演 日程を変更いたしました。

会場 桜神宮会館(東京都世田谷区新町3-21-3、東急田園都市線桜新町駅北口徒歩2分)

   http://www.sakura.jingu.net/access.html

料金 前売 1,000円/当日 1,500

   

 

登壇者(予定)    橘川幸夫(株式会社デジタルメディア研究所所長)

中川大地(評論家/編集者 明治大学野生の科学研究所研究員)

野安ゆきお(ゲームジャーナリスト)

平井太郎(編集/ライター 株式会社レッドタビー)

高橋信之(株式会社スタジオ・ハードデラックス代表取締役)
      浅野耕一郎(ゲームクリエイター)

山肩大佑(リアル脱出・謎解きゲームプロデューサー) ほか

 

構成(内容は変更される可能性があります)

1部 ビブリオトーク:ゲーム小説クロニクル

 「ゲーム」をテーマにしたエポックメーキングな小説たちを、デジタルゲーム登場前夜の1980年代から2010年代の現在まで、登壇者それぞれのお薦めの作品とその背景ごと、ビブリオトーク*形式で紹介していきます。ゲームと文学の交錯から、どんな時代の息吹が見えてくるのか!?

【紹介作】村上春樹『1973年のピンボール』/いとうせいこう『ノーライフキング』/田尻智『パックランドでつかまえて』/渡辺浩弐『1999年のゲームキッズ』/大塚ギチ『トウキョウヘッド』/桜坂洋『All You Need Is Kill』/赤野工作『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノー・ネーム』/藤田祥平『電遊奇譚』&『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』など

 

2部 隠れたベストセラー、「ゲームブック」の世界

 一般のベストセラーリストには載らないものの、1980年代から2000年代にかけて一世を風靡した隠れた人気ジャンル、ゲームブックの誕生から現在までをブームの仕掛け人が語ります。

 

3部 ゲームと文学が融合する未来

 未来の小説は、ただテキストを読むだけにとどまりません。読者同士が協働して作中の問題を問いたり、実際に特定の場所へ赴くことによってストーリーが展開する「現実に飛び出す物語」。その実例と、これからの小説の可能性を紹介します。

 

4部 ディスカッション:ネタバレ上等!『レディ・プレイヤー1』白熱論争

 1980年代を中心とした黎明期のゲームや数々のサブカルチャーネタをふんだんに盛り込み、オタク第一世代を中心に大きな話題を読んだスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』。サブカル者たちの心の琴線に触れたVRゲーム映画の真価について、登壇者全員で賛否両論の白熱バトルを展開します。

*自分の読んだ面白い本を紹介しあう、本の情報交換会。

 

 

お問い合わせ

 デジタル・エンターティメント研究会 事務局(担当:榎本)

 電子メール digient@demeken.co.jp/電話 03-3716-8705

 152-0004 東京都目黒区鷹番2-8-16-102 株式会社デジタルメディア研究所内

 

 

※デジタル・エンターティメント研究会について

 デジタル・エンターティメント研究会(日本未来学会 メディア部会)は、ゲームの歴史における、エポックなハード、ソフト、人物などを整理・分析し、未来の「ゲーム」のあり方を模索する会です。私たちは「ゲーム」を手がかりに、広く「デジタル」と「エンターティメント」について考え、来たるべき未来の姿を考えます。

 

名称    デジタル・エンターティメント研究会

会長    橘川幸夫(株式会社デジタルメディア研究所代表)

会員数   28名(20184月現在)

活動内容  勉強会/トークイベントの開催、出版、コンサルティング、eラーニング開発

URL    https://www.facebook.com/groups/digient/

※当研究会が424日に開催したトークライブ vol.1「日本型eスポーツの過去・現在・未来」が、以下のメディアで紹介されました。

4Gamer.net

「トークイベント「日本型eスポーツの過去・現在・未来」レポート。現状のeスポーツが抱える問題や,未来のスポーツの形が語られた」

  http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180426040/

BCN RETAIL

eスポーツの起源は日本にあり? ゲーム大会をめぐる歴史」

  https://www.bcnretail.com/market/detail/20180502_59301.html

eスポーツの発展は「ボトムアップ」と「トップダウン」、日本はどっち?」

  https://www.bcnretail.com/market/detail/20180505_59300.html

SPOLOGY

「日本にとってeスポーツ発展はボトムアップ型とトップダウンのどちらがいいか」

  https://www.spology.jp/1685

 

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2018/6/1(金) 08:37 〜 2018/6/16(土) 23:59

販売終了

前売り券

料  金

¥1,000

購入枚数

販売終了

当日チケット

料  金

¥1,500

購入枚数
入場方法(QRコードチケット)
・QRコードチケットは1人1枚必要です、事前にご用意ください
・QRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください

お問い合わせ

CONTACT

株式会社デジタルメディア研究所

Webフォームでお問い合わせ

関連イベント

RELATED EVENTS

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録