Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

Petros Klampanis&Julian Shore ペトロス・クランパニス&ジュリアン・ショア

イベントを探す

Petros Klampanis&Julian Shore ペトロス・クランパニス&ジュリアン・ショア

  • Petros Klampanis&Julian Shore ペトロス・クランパニス&ジュリアン・ショア

    Petros Klampanis&Julian Shore ペトロス・クランパニス&ジュリアン・ショア

チケットを買う

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2018/11/25(日)

開場日時 19:00  開演日時 20:00 

会 場

販売元

Petros Klampanis ペトロス・クランパニス(bass)
Julian Shore ジュリアン・ショア(piano)

11/25(日)
OPEN/START:19:00/20:00
ADV/DOOR:¥5000+1D/¥5500+1D

Petros Klampanis ペトロス・クランパニス: bass

http://www.petrosklampanis.com/

1981年、ギリシャのザキントス生まれ。
彼はギリシャで育ち、地中海とバルカンの民族音楽に囲まれて育つ。
現在はニュー・ヨークで活動するジャズベーシスト、作曲家、プロデューサー。
クラシック音楽を本格的に学び同時に古典音楽からポップまで複数のジャンルの要素をインタヴェイス
するユニークな方法を常に模索しています。KlampanisはSnarky Puppy、Greg Osby、Jaques Morelen
baum、Ari Hoenig、Jean-Michel Pilc、Antonio Sanchezなど世界的に著名なアーティストとコラボレー
ションしている。アメリカに活動の拠点を移してからはカーネギーホール、リンカーンセンター、ニュ
ーヨークのブルーノートジャズクラブ、ワシントンDCのケネディセンターなど米国内での広範囲にわ
たる出演の他に、ブレーメンの国際的に評価の高いジャズヘッドフェスティバルであるXJazz Megaron 
Mousikis Athinon、Megaron Mousikis Thessalonikis、NYCのOnassis Foundation Performing Centre、
Niarchos Foundation Cultural Centerなどのベルリンでのフェスティバル等に出演している。
彼の最新アルバム「クロマ」はMotemaのレコードからリリースされ、2017年にはIndependent Music
Awards(WBGO、FIP(フランス公共ラジオ)、TSF(有名なラジオフランスの駅)、「Jazz」誌、DownBeatと
JazzTimes)によって最高のLiveアルバム賞を受賞する。
2011年以来、彼はトリオとしての活動を中心にリーダー・アルバムのレコーディングを行うなどで彼の演奏と
作曲は多くの賞賛を受けている。
デビューアルバム「Contextual」は、NYCの名門Inner Circle Musicによってリリースされ、セカンドアルバム
「Minor Dispute」はNPR(National Public Radio USA)によって2015年に最高のジャズレコードに選ばれました。
その後、ギリシャに戻り彼の音楽は、Greek Public Symphony Orchestra and Thessaloniki Symphony Orchestra
で演奏されている。
また、Dimitra Galani、Maria Farantouri、Marios Frangoulisなど主要なギリシャのアーティストのプロデューサ
ー、パフォーマーとして協力している。独特の弦楽作をもたらし自身のバンドのほか、ギラッド・ヘクセルマ
ン、ジャン=ミシェル・ピルク、ニタイ・ハーシュコヴィッツら実力派ミュージシャンと共演する今もっとも注
目される若手演奏家のひとり。
弦楽オーケストラとジャズコンボを従え総勢13人で録音された最新アルバム『クロマ』(2017年発表)はジャズ
とクラシックなど様々な要素を融合し色鮮やかな地中海の風景を描くような美しいアルバムに仕上がり高い評
価を受けている。

Julian Shore ジュリアン・ショア : piano
http://www.julianshore.com/
ロードアイランド生まれ。父親の弾くピアノのバッハを聴いて育つ。そして、ピアノに合わせて歌いピアノの
レッスンを始め、早い時期にピアノを有名な教育者のHal Crookに習う。
12歳の時に"リッチフィールド・ジャズ・キャンプ"に参加しその後20年間に渡り関わり現在は生徒から指導者
になっている。
2005年にバークリー音楽院から全額奨学金を授与されて入学し、ダニロ・ペレス(Danilo Perez)の師事の
もと、パナマ・ジャズ・フェスティバルの若手ミュージシャン・アンサンブルで、ウェイン・ショーター、
ブライアン・ブレード、ジョン・パティトゥッチ等多くの人と出会う。
2009年に卒業後、活動の場をニューヨークに移す。
直後に歌手グレッチェン・パーラートのバンドに参加し2010年初めにツァー参加する。その年の後半にストッ
クホルム・ジャズ・フェスティバルで演奏し、それ以来、彼はカーネギーホール、ケネディセンター、ブルー
ノートや、世界中のジャズフェスティバルなどの会場で自身のリーダーグループや他のグループのメンバーと
して出演し続けている。Theo Bleckmann、Gretchen Parlato、Ferenc Nemeth、Gilad Hekselman、Ben
Monder、Kurt Rosenwinkel、Kendrick Scott、Mark Giulianaなどのミュージシャンと演奏やレコーディングに参
加している。
 

チケット販売情報

BUY TICKET

先着販売受付

受付日時

2018/10/22(月) 18:46 〜 2018/11/25(日) 00:00

販売終了

前売り券

料  金

¥5,000

購入枚数

+1drink order

入場方法(QRコードチケット)
・QRコードチケットは1人1枚必要です、事前にご用意ください
・QRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください

お問い合わせ

CONTACT

株式会社フロッグ

Webフォームでお問い合わせ

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録