Force Refresh on Back Key Logic

チケット予約・購入ならライヴポケット

戻る

【5月GWスペシャル】タイの僧侶からオンラインで学ぶ「マインドフルネス(気づきの瞑想)」

イベントを探す

【5月GWスペシャル】タイの僧侶からオンラインで学ぶ「マインドフルネス(気づきの瞑想)」

  • 【5月GWスペシャル】タイの僧侶からオンラインで学ぶ「マインドフルネス(気づきの瞑想)」

    【5月GWスペシャル】タイの僧侶からオンラインで学ぶ「マインドフルネス(気づきの瞑想)」

イベント概要

INFORMATION

出演者

日 程

2020/5/5(火) 〜 2020/5/10(日)

会 場

販売元

            (第3弾)GWスペシャル
     タイの僧侶”スティサート師”から
      オンラインで源流を学ぼう!

      
マインドフルネス(気づきの瞑想) 

     ※個別セッション(30分)別設定あり 
       5/5(火、祝)、5/10(日)

タイの東北部にあるスカトー寺、およびウィリヤダンマ・アシュラムで修行を続けられる、スティサート(ノース)師にオンラインでご登壇いただき、一緒にマインドフルネスの源流であるタイの瞑想を学びませんか?
 
今回実践していく瞑想は、「チャルーン・サティ」と呼ばれる気づきを高める瞑想法で、
シンプルな動きを通して、自分の身体や心に対しての気づきを高めていく方法です。
l  自分の心がざわざわしてどうも落ち着かない、
l  同じことが気になってぐるぐるしてしまう、
l  誰かのことですぐにイライラしてしまう、
l  子どものことを怒りに任せて怒った後に後悔してしまう、

こういう悩みがあるときは、おそらく自分の心の取り扱いに戸惑っている状態であると思います。気づきを高めるとは、言い換えれば、自分の心の取り扱い方法をしっかり意識して行うということです。
具体的には、故ティエン・チッタスポー師(スカトー寺もティエン師の流れを汲むお寺です)により編み出された「手動瞑想」、そして自然なスピードで歩く「歩行瞑想」の2つを中心にして瞑想に関するお話(説法)と実践を行います。
すべて、日本語通訳がつきますので、ご安心してご参加ください。
 

■参加方法:オンライン会議システムを使っての参加となりますので、どこからでも!



■各回のテーマ
■第1回:5月 5日(火)14時〜16時(2時間)
 内容:・ちょうどよい距離の取り方(自分自身編)

     自分に生じる感情や思考とのほどよい距離の取り方について
     気づきの瞑想実践の観点からお話いただきます。

     ・気づきの瞑想実践(1)
    
■第2回:5月10日(日)14時〜16時(2時間)
  内容:・ちょうどよい距離の取り方(自分と他人編)

                 家族・友人・知人、触れ合う人たちとの人間関係づくりに
どのように気づきの瞑想が役立てたらいいかについてお話いただきます。

        ・気づきの瞑想実践(2)
 

※各回の内容は予定です。その時の流れに応じて、変更になることもありますので、ご了承ください。

■参加費:各回 5,000円 (2回おまとめコース:9,000円)

■個別セッション(上記セミナーにご参加の方のみお申し込みいただけます)
・各回終了後、個別にお坊様にご相談されたい方のための個別セッションを設定しています。個人セッションのみのお申し込みはご遠慮いただいております(セミナーに参加された方への特別セッションとなります)。
・個別セッションは、第1回、第2回の終了後、①16:15〜、②17:00〜、③17:45〜の3枠となります。
・こちらは、1セッション(30分):5000円 となります。別途お申し込みください。
・なお、個別セッションはお一人様、1枠のお申し込みでお願い致します(複数枠のお申し込みはご遠慮ください)。

■登壇される皆様

■スティサート・パンヤーパティポー師(ノース師)僧籍20年

(スカトー寺副住職・ウィリヤダンマ・アシュラム、リーダー)

 1978年、タイ国チャイヤプーム県出身。2000年、タイ国立タマサート大学社会福祉学部卒業。 同年12月5日、ノーンサン寺にて出家。スカトー寺に移動し、前住職故カムキエン・スワンノー師及び現住職のパイサーン・ ウィサーロ師に師事して修行。2006年から5年間中国へも招かれ、瞑想指導を行なう。「開発僧」として有名な両師とともに社会開発、自然保護活動にも従事。カムキエン師が病になった際、傍で介護した体験を通し、緩和ケアにも関心を持ち、死を前にした病を持つ患者さんたちを訪問するターミナルケア活動にも従事。

 ※著書(タイ語)に『自分を感じるのに、なぜ?はない』

 

 

■浦崎雅代(日本語通訳)

 1972年沖縄生まれ。琉球大在学中からタイ仏教や気づきの瞑想に興味を持ち、タイ・チュラロンコン大学大学院留学を経て、琉球大学大学院(修士)、東京工業大学大学院(博士)課程修了。マヒドン大学宗教学部元講師。2015年にマヒドン大学退職後、フリーランスでタイ仏教の通訳・翻訳、気づきの瞑想ファシリテーターに専念。東北タイの瞑想修行場、ウィリヤダンマアシュラムに家族とともに在住。2019年、タイ・スカトー寺僧侶たちを日本に招聘し、関西・北陸にて瞑想会を開催。日本ではあまり知られていないタイ仏教の魅力や気づきの瞑想を伝える活動を展開中。

 

  note「月刊!浦崎雅代のタイの空に見守られて」で、タイから説法翻訳を毎日配信中  

 

 ●翻訳書

  カンポン・トーンブンヌム著「いのちの最後の授業」(サンガ)2018年

 

 ●共訳書

  カンポン・トーンブンヌム著(上田紀行監修・プラユキ・ナラテボー監訳)

  『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』(佼成出版社)2007年

  ジョアン・ハリファックス著『死にゆく人と共にあること』(春秋社) 2015年 

      プッタタート比丘『呼吸によるマインドフルネス』(サンガ)2016年

    ●WEB連載

 

 「気づきを楽しむ~タイの大地で深呼吸」(佼成新聞デジタル 月1回連載中)

 

 

注意事項

※本講座は、すべて「Zoom」というオンライン会議システムを使って実施致します。
※「Zoom」に慣れていない方のために、毎回、講座開始前30分に接続テストの時間を設けます。
※カウンセリング目的の方のご参加はご遠慮いただいております。
※お申し込みがあった方には、接続方法などについてメールでお送り致します。
※キャンセルポリシー
 ・一旦振り込まれた参加費はいかなる理由があっても返金しかねますので、ご了承ください。
 ・やむを得ず参加できなくなった場合に、代わりに別の方が参加されることは全く問題ありません。
  代わりに参加される方のお名前・連絡先を事前にお知らせください。
 ・その他、ご不明な点はお問い合わせください。

続きを読む

チケット販売情報

BUY TICKET

一般の方のお申し込みはこちら

受付日時

2020/3/23(月) 14:35 〜 2020/5/10(日) 17:00

予定販売数終了

5月5日(火、祝)(第1回)

料  金

¥5,000

購入枚数

予定販売数終了

5月10日(日)(第2回)

料  金

¥5,000

購入枚数

予定販売数終了

2回おまとめコース

料  金

¥9,000

購入枚数

予定販売数終了

5/5の個別セッション①(16:15〜16:45)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

予定販売数終了

5/5の個別セッション②(17:00〜17:30)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

予定販売数終了

5/5の個別セッション③(17:45〜18:15)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

予定販売数終了

5/10の個別セッション①(16:15〜16:45)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

予定販売数終了

5/10の個別セッション②(17:00〜17:30)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

予定販売数終了

5/10の個別セッション③(17:45〜18:15)

料  金

¥5,000

購入枚数

※個別セッションのみのお申し込み、また複数枠のお申し込みはご遠慮ください。(セミナー参加者お一人様、1枠限定)

入場方法(QRコードチケット)
・QRコードチケットは1人1枚必要です、事前にご用意ください
・QRコードが表示された画面、もしくは画面を印刷したものを入場時にご提示ください

お問い合わせ

CONTACT

教育ファシリテーション研究所

Webフォームでお問い合わせ

〒187-0045 東京都小平市学園西町2-11-29
電話&FAX:(042)313-2118 
メール: info.edufaci(アット)gmail.com  ※(アット)を@に変換してください。
※問い合わせは、メール・電話・ファックスでもお受けします。
※申し込みについては、このホームページからお願い致します。



関連イベント

RELATED EVENTS

SHARE EVENT

友達にシェア

ブックマーク登録